2018年度スローガン 『一人ひとりの自己成長が地域(まち)を変える』

総務委員会

  • HOME »
  • 総務委員会

総務委員会

委員長 加藤 翔

【委員会方針】

 公益社団法人高岡青年会議所は、多様なメンバーが集まり、地域の発展のために会議を重ね て事業を作り上げる過程で、メンバーが自分と異なる考え方に触れながら社会貢献という観点 を得て自己成長し、これを地域の発展に還元するという形で運動を展開してきました。このJ C運動の本質を引き継ぎ、より確かなものにするためには、活動の中で繰り返される1回1回 の議論の場を、地域の発展に向けた、発見と示唆に富む意義深いものにすることが求められま す。このため、私たちは、メンバー一人ひとりが自らの視点から意見を出し合い議論を通じて 自己成長できる質の高い組織を作り上げることが必要です。
 当委員会では、まず、会議がメンバーの自己成長の場となるよう、その質を最大限に高めま す。そのために、当委員会が担当する総会及び理事会において、限られた時間で建設的な議論 がなされるよう、周到な準備と活発に意見が出るような創意工夫を行うことで、円滑で充実し た会議運営を実践します。また、各委員会の活動に関する情報の共有化や各委員会から上程さ れる議案の精査を通じて、委員会活動の活性化と委員会内における議論の充実を推進します。 さらに、メンバーが、高岡JCを自己成長の場とするために心がけるべきことを学び、JCと いう組織の魅力を考える機会を提供します。
 当委員会の活動がJC運動の質を左右するという認識の下、組織全体を支える基盤として円 滑かつ活発な組織運営を実現することで、会議の質ひいてはJC運動の質が高まり、メンバー の自己成長の機会が生まれることにより「魅力溢れる心豊かな地域(まち)たかおかの創造」 に繋がります。

 

【委員会スローガン】

元気に、明るく、楽しく  
 

【委員会事業計画】

1,全メンバー一丸となった会員拡大
2,高岡JC運動方針に基づいた事業の実施
3,8月度例会担当
4,総会・理事会の運営
5,瑞龍寺ライトアップ担当(4月)
6,富山ブロック協議会への支援
7,検証・引継ぎ

 

 


  • facebook

人気の記事

リンク

公益社団法人日本青年会議所
富山ブロック協議会
公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区協議会
北朝鮮拉致被害者奪還 署名活動
高岡YEG
Copyright © Junior Chamber International Takaoka, All Rights Reserved.