9月22日に公益社団法人高岡青年会議所次世代育成事業『ジョブフェスTAKAOKA~やりたいことって何だ~』を高岡商工ビル2F大ホールにて開催しました。

高岡市内の多くの高校生にご参加いただき大変盛大な事業となりました。

本事業は若者たちの将来への可能性を見出すことを目的に3部構成で開催しました。

第1部では、お笑いジャーナリストの たかまつ なな氏を講師としてお招きし、働くことの意義や楽しさ、そして自分のやりたいことの見つけ方を、得意のお笑いを交えながら楽しくお話ししていただきました。

つづく第2部では、インターンシップコーディネータや職業訓練校の校長も勤められている 高田 富士郎講師による、ハーマンモデルを使っての適性診断を行い、自身の職業適性や伸ばすべき長所と補うべき短所を知ってもらいました。グループに分かれてのワークも行い、笑顔ながらも真剣なまなざしで課題に臨む高校生たちの姿が多く見受けられました。

そして第3部では、我々青年会議所メンバーも加わってのグループディスカッションをし、若者たちが感じている働くことや将来に対しての不安や疑問、また自身が希望する職への具体的な就き方などを話し合いました。

今回の事業では、若者たちの働く意欲を高め、その意義や魅力を伝えられた良い機会になったのではないかと感じております。

このように事業を盛況に終えることができたのも、ご協賛してくださいました皆様のご理解とご協力があってのことです。これからも魅力あふれる心豊かなまちたかおかの創造に向け、より一層のご支援・ご指導を賜りますよう宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました。