本年度、まちづくり実践委員会

広報幹事を務めさせて頂きます中山士門と申します。 

 

4月4日に開催予定の、4月度例会は

広島県ご出身で

「シンクタンクせとうち総合研究機構」を設立し、

アジアにおける世界遺産研究の先覚・先駆者の一人で

「世界遺産学」を提唱されている古田陽久様をお招きして 
「世界のTAKAOKA遺産を活かしたまちづくり」 
と題しまして、

一般市民の方も

ご参加頂ける「オープン例会」を実施いたします。 
4gatu

本日はこの「4月度オープン例会」の

見どころをご紹介したいと思います! 
 

講師である古田様の

これまでのご経歴・ご経験に基づくお話は、

私たちにとっても非常に大きな学び・気づきの

場となるでしょう。 
 

1974年、慶應義塾大学経済学部をご卒業後、日商岩井に入社。

1990年にシンクタンクせとうち総合研究機構を設立。

1998年には世界遺産総合研究所の所長をお務めになっておられます。 
 

世界60カ国、約300の世界遺産を歴訪され、

毎年の世界遺産委員会や

無形文化遺産委員会にオブザーバーとして出席。 
 

「世界の記憶遺産60(幻冬舎)」

「世界遺産データ・ブック」など

約200冊の遺産に関わる書籍を

執筆されておられ、最近では「にっぽん丸」

などクルーズ船での講演、

TBSテレビ「ひるおび」など

テレビ出演も多数されておられます。 
 

その古田様のご経験ともとに、

高岡にある歴史遺産が認定や登録を受け、

改めて歴史遺産を抱える地域(まち)として

どのように変化していくべきか。

また、世界遺産をどのように活かし

まちづくりを行っていくべきか

をご講演いただきます。 

 

是非、高岡青年会所のメンバーの方はもとより、

高岡近辺にお住まい、お勤めの方など、

たくさんのご参加を心からお待ち申し上げます!! 
 

TAKAOKA遺産を改めて学びましょう! 

 

日時:2017年4月4日(火) 
時間:18:30開演(18:00開場)~21:00終了 
場所:高岡商工ビル2階 大ホール (富山県高岡市丸の内1-40) 
↓地図はこちら↓ *Google mapへリンクします。 
https://goo.gl/maps/viRhTghBEBu 

主催・お問合:公益社団法人 高岡青年会議所 事務局 TEL 0766-21-2534