こんにちは。

副理事長を務めております、山崎です。私も今年2度目のブログです。
 
先日、JCならではの新しい出会いがありました。
JCには出向という制度がありまして、所属している各地青年会議所に
所属しながら、県、地区、そして日本とそれぞれ違ったステージで活動することができます。
去年、北陸信越(北陸3県+新潟、長野)地区協議会に出向していた当JCの谷知洋君から、長野県・松本JCのメンバーの仕事の相談にのってやって欲しいと連絡を受けました。
私の社業は電気設備施工業です。紹介された松本JCの百瀬友志紘君も同業を営んでらっしゃいました。
富山県内で案件があり、ぜひ協力して欲しいとのこと。
しばらく電話で話をしていたのですが、県内に用事があり一度お会いすることになりました。
 
当日、当然初対面なのですが、JCでの話からはじまり、そこから富山・高岡のこと、松本のこと、それぞれのまちづくりのことと話は大いに盛り上がりました。
もちろん本業も協力していくことになり、非常に有意義な時間となりました。
 
新規で連絡があり、仕事に結びつくこともありますが、
このようにまったくつながりの無い遠方からお話をいただき、
尚且つすぐに円滑な関係ができあがることはなかなか無いことではないでしょうか。
 
JCは全国(そして全世界)に仲間がいます。繋がりは無限大です。
地元でまちのために活動することはもちろん大切ですが、
JCを活用して、日常ではなかなか出会えない遠方の仲間とつながりを持てることもこの団体の大きな魅力の一つです。