4月28日(木)高岡第一高等学校・5月2日(月)高岡向陵高等学校にて、有権者教育を行いました。

 事業では冒頭に、日本社会の仕組を説明することで、民主主義、選挙制度を理解して頂き、生徒の皆さんに、投票することの意義を感じて頂きました。
 次いで、今後訪れる本当の選挙に向け、しっかり「政策本位の政治選択」が出来るよう、公開討論会を実施した後、高岡市選挙管理委員会から提供を受けた本物の投票用紙や選挙器材を用いて、本番さながらの模擬投票を行いました。
 そして最後に、開票結果を受けて、民主主義に基づく行政運営を行う上で必要な、様々な意見を尊重すること、決定されたルール等をしっかり守ることの大切さを理解頂き、当該事業を終えました。
 
 事業の終わり間際、生徒代表から樋口理事長に対し、選挙へ行く事の意義を理解出来たということ、また今後はしっかりとまちのことを考えていきたいといった言葉が述べられ、生徒の皆さんには、自分たちが住むまちや国のことをしっかりと考える、そして自分たちこそがまちを作っていくんだとの気概を十分持って頂けたものと考えております。

IMG_8065

IMG_8080

IMG_8153

IMG_8240

IMG_8267

IMG_8280

IMG_8294

IMG_8399

IMG_8410

IMG_8421